志望理由書の書き方|中学受験をクリアするために志望動機の書き方を覚えよう!

志望動機の書き方をマスターして学校側へ好印象を与える

志望理由書の書き方

学生

受験に必要な志望理由書

現代では、AO入試や推薦入試においてはほとんどの学校が志望理由書を課しています。そのため、志望動機の書き方に力を入れている受験生も多いです。志望動機の書き方自体は自由とされていますが、しっかりと目的やきっかけなどはできるだけ詳しく書くようにしましょう。

志望理由書で分かる人物像

志望理由書では、通常の試験で測れないその人物の人間力、文章力、目的意識を学校側で判断されます。だからこそ、受験において重視されるようになりつつあるのです。また、志望理由書は面接においての資料としても使用されるので、受験においてはかなり重要だと言えるでしょう。

面接時のマナー

身だしなみを配慮する

面接において、見た目の印象というものは何よりも大切なものです。だからこそ、身だしなみへの配慮が必要なのです。男性なら短く揃えた髪型、女性ならピンやゴムなどで髪を整えるスタイルで面接を受けるといいでしょう。

入室と退室に気をつける

面接するときは、入室から退室するまでが試験だと思っていた方がいいでしょう。特に、入室は一番最初に面接官が確認するポイントです。入室するときは、ハッキリとした声で「失礼します!」といい入室しましょう。

話し方と声量に注意

面接において、話し方と声量にはそれなりに気を配りましょう。当然のこと、声が小さいと面接官からは印象に残りませんし、評価は下がる一方です。面接官から好印象を与えるためには、聞き取りやすい話し方と聞こえやすいぐらいの声量を徹底しましょう。

冷静な対応を心掛ける

面接にでは、面接官から突拍子のない問いかけをされることもありますが、そんな時でも冷静な対応を心掛けましょう。質問であたふたしていると面接官にその様子もしっかりと見られています。もしも、わからないことを問いかけられた場合には、しっかりとわからないと言うことが大切です。

受け答えで悩まない

面接は面接官とのやり取りがスムーズなことがベストです。質問されてから、すぐに受け答えができる方は面接官からの評価も高いです。だからこそ、受け答えはすぐに行ないましょう。そのためには、ある程度の質問を予想して予め答えを用意しておくことをおすすめします。

見直しが大切

面接にも影響してくるため、志望理由書を書き終わった後は、すぐに提出するのではなく改めて自身が書いたことを確認しましょう。どこかおかしい点はないか、正しい表現は使われているかなど、細かくチェックすることでより洗練された志望理由書が完成するはずです。

志望動機に関する疑問

志望動機は何から書けばいいのですか?

志望動機の書き出し方は自由ですが、その学校へ通う目的と学校の長所などは具体的に書き出した方がいいでしょう。また、書きづらいと感じているなら、まずはその学校に興味を持ったきっかけなどでもいいと思います。

一人称は私?自分?

小論文では一人称の使い方で迷う方も大勢いらっしゃいます。もちろん、基本的に一人称は「私」がベストです。「自分」でも減点されることもないと思いますが、「私」で書くことをおすすめします。また、一人称は全文を通して統一することが大切です。

広告募集中