志望動機を書くときのポイント|中学受験をクリアするために志望動機の書き方を覚えよう!

志望動機を書くときのポイント

生徒

読み手に分かりやすい文章

志望動機の書き方として徹底したいことは、読む相手に分かりやすい文章を構成することです。自身で読んで納得ができる内容でも、相手からしたら伝わりづらいと感じることもあります。志望動機は特に、面接では聞かれる内容になります。

志望動機をハッキリ書く

志望動機を書く時は、何故その学校を志望したのか、その学校のどの部分に魅力を感じたのかなどをハッキリと書くといいでしょう。また、志望する目的を書くことは当然ですが、その学校に通って何をするのか、将来どのような職業に就きたいのかということも書いておくべきです。

面接のことを考える

志望動機を基に面接官は様々なことを聞いてきます。だからこそ、面接で受け答えができる内容を書く必要があります。当然のこと、内容が薄いと面接でアピールすることが難しいです。しかし、内容を濃ゆくしても受け答えができなければ、面接官に怪訝な顔をされることもあります。そのため、面接で受け答えができる志望動機がベストなのです。

噓の情報はNG

志望動機において、絶対に噓の情報は書かないようにしましょう。噓の情報が書いていることがバレたら、不合格はまず間違いないです。面接官や採用担当者は、こういった嘘を見抜けるのでやめましょう。志望動機では正しい情報を基に、自分の武器になるアピールポイントをしっかりと書き込むことが大切なのです。

広告募集中